代弁、大便

課長「高橋の奴、トイレ行ったまま戻ってこないな。 あいつ極度のあがり症だからな」 
俺「そうっすね。もううちの社のプレゼンの番ですよね」 
課長「君さ、高橋の代わりに代弁してくれない?」 
俺「俺が大便するんですか?」 
課長「うん、君なら大勢の前でも気にしないだろ?」 
俺「えっ」 
課長「えっ」 
俺「こんな所でいくらなんでもまずいんじゃないですか?」 
課長「大丈夫だよ。自信を持って強烈なの頼むよ」 
俺「えっ」 
課長「えっ」 
俺「後ろ向いてやるんですか?」 
課長「ばか、前向いてやるに決まってんだろ。」 
俺「前とか隠していいんですよね?」 
課長「えっ」 
俺「えっ」 
課長「俺が後ろで最後までしっかりと見届けるから」 
俺「えっ」 
課長「えっ」 
俺「じゃあ、課長拭いてくださいね」 
課長「えっ」 
俺「えっ」

コメント