62円の値打ち(Mr.Childrenのmy lifeを聴いて)

雑記
スポンサーリンク

平成最後の年賀状が来月から発売されます。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3496520.html

最近は年賀状を出す枚数も減りつつありますが、なんだかんだで数十枚単位で毎年購入しています。その年賀状の値段が今年は「62円」なんですよね。

で、ふと頭をよぎったのがタイトルに書いたMr.Childrenのmy lifeという曲でした。

歌詞全文はこちら

my life Mr.Children 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索
Mr.Childrenさんの『my life』歌詞です。 / 『うたまっぷ』-歌詞の無料検索表示サイトです。歌詞全文から一部のフレーズを入力して検索できます。最新J-POP曲・TV主題歌・アニメ・演歌などあらゆる曲から自作投稿歌詞まで、約500,000曲以上の歌詞が検索表示できます!作詞スクールの開講など、またインディ...

62円の値打ちしかないの?僕のラブレター
読んだのなら返事ぐらいくれてもいいのに・・・

内容としては「こんなに君のことを想って書いたのに、切手代(62円)の価値しかないの?」といった感じですよね。
この曲が発表されたのは1993年。封書の郵便料金が62円でした。それが2018年では82円。62円はハガキの郵便料金になっています。
今の若い人が聴いたら「ハガキでラブレターなんて中身丸見えじゃん」って感じでしょうか。そもそもラブレターなんて出さないんですかね。(LINEとか?)
当時は携帯電話なんて普及してなく、電話するといえば自宅に電話が普通でしたね。

なにげなく歩道を歩けば壁の破れた
映画のポスター君を誘って断られたっけ

先の「ラブレター」と「破れた」が韻を踏んでたりしますね。(その後の「フラれた」も?)
この歌詞も90年代の時代ならではの表現になるんでしょうか。最近じゃ街中で映画のポスターなんてほとんど見かけないですね。

いい事ばっかある訳ないよ
それでこそ my life

内容としては失恋ソングなんですが、曲のポップさとか最後の歌詞(↑)によって「明日もがんばろう」といった気分になる曲です。(キーボードの裏打ちが気持ちいいです)

また、「62円」という金額つながりでKANの「REGIKOSTAR ~レジ子スターの刺激~」という曲も頭をよぎりました。

名札で名字はわかるけれど
下の名前は知らない 君はレジ子スター
353円です 168円です 472円です 234円です
818円です 705円です 20%引きです 547円です

ひと目惚れした女の子のレジ打ち台詞だけでここまで続けるか、と。

KAN – REGIKOSTAR~レジ子スターの刺激~

 

コメント